haikei1.jpg
haikei1 (7)
haikei-31-090827.jpg
haikei-30-090818.jpg
haikei-32-090914.jpg
haikei-28-090625.jpg
haikei (5)


スポンサーサイト

順不同ご容赦。
haikei1 (5)
haikei (4)
haikei (3)
haikei (2)
haikei1 (4)
haikei1 (2)
haikei1 (8)



返信

琴月様

お見舞いありがとうございます。
いやあ、まさにワンダを夜中に書きすぎて冷やして熱でたんだと思います。
リアルで『ワンダと巨像』病になってどうすんの。

熱出るといろんなことものできなくなるので早いとこ治したいです。
『萌え』も『新しいことを学ぶ好奇心』も『モチベーション』もごっそりなくなる。

私のワンダ絵をすきだってかたがたに申し上げるのもなんだかなという感じなのですが
あれだけわくわくしていた『ワンダと巨像の世界観を表現する』という作業さえ
今の私には億劫に感じられるのです。

健康は大事。

『元気があれば何でもできる』は真理です。

琴月さまも冷え性気をつけてください。
年を追うごとにつらいです。私も今指動きません。
よくサウナには通ってます。
あったかくって気持ちいいです。
冷え性に効果は上がっているのかはよくわかっていません…。



ろってるさま

お見舞いありがとうございます。
基本的に無理はしないようにしています。
その分ほかの人に迷惑がかかるので、それを取り戻すためにも
早く元気になりたいですね。

というか4日たつのにじょじょに熱が上がって直る気配がない…。
心が弱っているだけなのかも知れません。
最近ワンダとか絵の練習に気をやりすぎていたのも大きいと思います。
何かの拍子に気が抜けて、体調崩したんですねたぶん。

気力に肉体の力が追いついていないと仮定すると、今の私に必要なのは
身体的健康。
正月のはじめに昼夜逆転してたのと暴飲暴食がまずかった。
今はなるべく夜に寝て朝起きています。
22時に寝ると朝4時におきるので、今の時期寒すぎてかなわないのですが。

返信

琴月 綾さま

度重なるコメントありがとうございました。
まとめての返信ご容赦。

ワンダと巨像お好きな方に来ていただけて描くほうも力が入るってもんです。
応援感謝です。ぜひ通って!w

ブログは自己分析として正しいかどうかはわかりません。
というか自己分析ではなく、自分がどう思っているかをはっきりさせることに主題をおいています。
なので、正しいか正しくないかの基準は、すっきり自分の気持ちをなぞった文章を書けたかどうか、です。
そもそも自分の分析というのは私には不可能だと思います。
自分が夢見がちな人だって思っているからw
自分がこれをしたいと思っていることが『可能か否か』これを判定できるのが『自己分析』だとすれば、私は『自己分析』をしていません。私がしているのは『どうやったらその夢はかなうのか、それはできるのか』です。

ですので、そんなしゃちこばられるような文章を書いているのかと思うと、ちょっとこそばゆいですね。話半分で聞き流してください。

ブログで自分の考えを書くようになってから富に思うのは、『自分て立派な人間じゃん』とか自己満足に浸るのは気持ちいいけれど、人様に『すごいすごい』といわれるのははなはだこそばいんだなあということ。

ほめ言葉ですから、それは好意的な気持ちのひとつなので、とってもうれしいことには違いないです。

一番うれしいのは、正直な気持ちをぶつけてくれることでしょうか。

まっすぐに飛んで来る言葉はすぐ届くような気がします。


コメントありがとうございました。
また来てください。

ワンダと巨像絵

毎日絵の練習はしましょう。
しないと気持ち悪いくらいにしましょう。

何も実際に描かなくたっていいんです。

世の中を観察するのだって絵の練習になるらしいですから。

木下で






忙しかろうとも

イラストの練習は毎日するのさ!

マイキャラを育てる企画。

●ウーゴ・フラスコ(17)

ある豪族の使用人をしていたが、背格好が似ているということで
失踪したやんごとなき人物の影武者をすることになる。
環境と待遇が180度転換したときどうしたらいいのか、が、彼のテーマ。

キャラをめでるための仮設定。

性格:
使用人の職業病で人の世話を焼きたがる。
自分で選ぶことが苦手。
誰に対しても敬語で丁寧。
人に仕えていないとおちつかない。
手持ちぶさたになると紅茶を振舞い始める。
長所は笑顔。笑ってる自分が好き。
短所は引っ込み思案。前に出たがらない。

ウーゴ・フラスコ

拍手返信

>> さくらまっちゃ さま

書き込みありがとうございます!
私の言葉が思いもかけず他者に元気を与えているという現象に、不思議な気持ちを味わっています。
というのもここで書かれている文章は、元来自分自身を励ますためのものだからです。
他者を励ます形式をとっていますが、最終的には自分で読み返して自分自身を励ますためのものです。
自分の文章で励まされ、そしてそれに与えられた拍手にも励まされ、二重の意味で励まされています。
桜抹茶さんのようなコメントにも励まされていますから3重の励ます効果。
励ましてもらっているのは実はほかでもないこの私自身なのです。

正直、ものすごく自分の本音に近い部分を書いているので『何幼稚な子といってやんで』と思う方も多数いらっしゃるのかもしれないです。思われて、わざわざそれを指摘されることがあるとすれば、私は正直に『不愉快だ』と思うことでしょうwだからといって私が自分のブログの文章を改めるかと言えば、たぶんしません。
今までどおり、どれだけ自分の本性に近い文章が書けるかどうかを考えながら書き続けるつもりでおります。
自分を大きくも小さくも見せない、そういう文章。

ほんとにただそれだけの文章ですが、それが他者の、あなたの助けになっている。
そして書き込みいただけている、これが私にとっては大変意外で喜ばしいことです。

『他人を気にしすぎる』
これはかなり前からの私の克服したい課題でした。
気にするなといわれても、おそらく無理です。
『●●するな』という否定形の命令というものを、人間の脳は理解しないようにできてるらしいですよ。
私が他人を気にしないようにするために必要なのは『自分がどうしたいか、何をしたいか、何を望むか』それだけです。やりたいことがなければ他人の目を気にすることにリソースまわしててもいいかもしれませんが、なにかしたいことがあると、他人の目よりもそっちに気力をまわそうとします。少なくとも私はそういう傾向があるようです。目標、目的、それをかなえるための行動、それと他人の目とどっちをとるか、私は目標をとるようにしました。
旗から見てても目標に向かって進んでる人はかっこいいじゃないですか。
自分で見てても、目標にまい進する自分は素敵じゃないですか。
がんばる自分は馬鹿ですか?かっこ悪いですか?嫌いですか?
がんばる自分を否定するって、そりゃよっぽどかわいそうなことですよ。

まあ、いつでも自己肯定が万全かと言えばそんなことはないです。
いまだに持ち込み先で何言われるかって思うとちょっとやだなあって思ったりねw
他人の何気ない一言にぐらっついたりね。
回復はちょっと早くなったと思うんですけれどね。

ただ、がんばれない自分だからと見捨てることはしない、いつでも自分を好きでいたい。
そのためのこの本音ブログでもあります。

本音は気持ちいいですよ。
はいてみると、意外とみんな気にしてなかったりねw
自分の考えなんて自意識過剰の塊だったんだってわかるだけでも心のストレス解消ですよ。

全部の本性さらけられるほどでは決してありませんが、コメントや拍手もらうたびに、かっこ悪い自分もいいもんだなあって思います。

新春ワンダ四コマ

年賀状まだ描いてないよどひー。

ワンダに作業用三つ編を作ってもらった
mitsuami
んだけど、ギューギューに縛られたのでモノに解けない。
そこで…。
イメチェン

拍手返信

>あけましておめでとうございます!さま

あけましておめでとうございますとも!

私の文章、本当に気にしないでくださいね。
おそらく立場が違うので、捕らえ方が違うんですね。
でも立場が違えど、私の姿勢に勇気付けられてくださるなら
それは私にとっても成功です。
私は自分にうそをつかなかった、だから人の共感を得られた
そうとらえています。

あなたが前向きなら、それで私が言うことは何もありません。
私のほうの誤解だったのですよ。
私の言うことは『正しい』わけではなく『私自身に正直』というだけの
ことなのですから。

もしよければ、あなたの好きなジャンルとか、あなたがどういう方なのか
お教えくださいね。
PIXIVIDお持ちなら遊びに行きますから!
こっそりで結構です。
pixiv
プロフィール

天杉貴志

Author:天杉貴志
漫画家兼イラストレーター
お仕事・ご意見ご感想はこちらまで

商業履歴(ざっくり)

・漫画(まどか☆まどかスピンオフかずみ☆マギカ作画・全5巻)
・ライトノベル挿絵
・TCGイラスト

CAUTION

当サイト内のバナー以外の全ての画像及び文章の無断複製・転載を禁じます

we don't accept to reproduce,reprint all of the text,graphics in this Page without permission.

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
このページのトップへ