つらいことも悲しいことも

辛いことも、悲しいこともきちんと感じないと
楽しいことがわからなくなる。

幸せと不幸が表裏一体とはこういうことか。
スポンサーサイト

DDLC

monica(2).png
モニモニカ
monica.png

書きかけをそれっぽくした…。

DDLC面白かったし、文章が上手いし、作者の狙ったところで毎回鳥肌だった。

ネタバレ


























うつの人やらないでって言ってたけどアレ『フリ』かなあ?
がっつりウツの人向けの言葉もあった。

モニカちゃんにあそこまで愛されると?ヤンデれに一定の人気があるってわかる気がする(ゲーム内でも言及ある)。
モニカは一切こっちの素性を知らずに『愛してる』っていうので
それが『憧れてる人(その人のことわかってるわけじゃない)』に対しての言葉だって
いうのはわかるんだけど、でもなんというかそれでも彼女の言葉は励みにしたくなる何かがある。(たまに心えぐろうとしてくるけど)
全面的に『あなたでいいの、人間的でかわいい完璧な存在』って言ってくれる。
不安になったり自信なくしたりすることがあっても私はいつもあなたを素敵な人間だって思ってるっていう。
こういう全面的な肯定ってなかなか体験できないし、心地いい、うれしい。
作者の言葉選び(翻訳者さんの腕もあわせ)がなんつーか気分よくさせてくれる。
上手く説明できないのでプレイして。
『私の言葉があなたの助けになるといいのだけど』って感じ。
作者から世界の人への好意的なメッセージと受け取ってる(そういうことにしておきたい)。
あの二人だけの空間はもう一度プレイしたくなる。(テンポが遅いのでスピードアップさせたいけど)
あとモニカちゃんのワンポイントレッスンはなかなか…できるかどうかはともかくなんか励まされる。

あとなつきちゃんとの会話も全部コンプリートしてないんだったらしたい。
いい子だしね、そのいい子さ加減も上手い。ツンケンと優しさのバランスに破綻がないと感じる。

そしてそのナツキの背景だけどだいぶ入り組んでる印象を受ける。

なつきは部活中に眠くなる→低血糖症?いつもおなかがすいてる?
なのにパパは詰め込むように娘に食べさせているという描写→気が向いたときにしか食べさせない。で、食べさせるときは大量。フィーダー?

束縛系フィーダーネグレクトパパで自身は漫画という趣味をパパにも誰にも理解してもらえないって言う…

ユリとサヨリの闇が一本道なのに対し、ナツキはなんというか…忙しないって言ったらいいんだろうか。
ご飯食べられないし、パパの機嫌しだいではいっぱい食べなきゃいけないし、ユリがひそかに大事で心配になってるし
そのユリにいじめられるしクッキーとられるし
そして本人の資質が関係なくその闇が展開している。
ユリもサヨリも自分の性格による闇(性格が悪いというわけではない)が発生しているけど
ナツキの場合は闇の発生源がパパといえばいいのか…
言い方を変えれば周囲に振り回されちゃう。やさしすぎるゆえの現象という印象。
もしかしたら環境が変われば一番立ち直りが早いかもしれない。

…書いててちょっと辛くなってきた。

好きなシーンはユリとナツキのユリ(すぐあとで落とされるんだけど)。
今までが今までだけになんつーかこういうカタルシス好き(あげて落とされるんだけど)

ハッピーエンドではないけれど作品としては一貫性があるし、うん。

とにかく自分的にはそういうゲームでした。

PS4ワンダと巨像

ワンダにあこがれて馬に乗るようになったけど
落馬で怖くて乗れなくなっちゃったけど
見てると馬乗りたくなるなあ…

切ない。

pixiv

プロフィール

天杉貴志

Author:天杉貴志
漫画家兼イラストレーター
お仕事・ご意見ご感想はこちらまで
pixiv
ホームページ

商業履歴(ざっくり)

・漫画(まどか☆まどかスピンオフかずみ☆マギカ作画・全5巻)
・ライトノベル挿絵
・TCGイラスト

CAUTION

当サイト内のバナー以外の全ての画像及び文章の無断複製・転載を禁じます

we don't accept to reproduce,reprint all of the text,graphics in this Page without permission.

検索フォーム

QRコード

QRコード