メモ

『これを好きでいたい。』
と言う思いがあります。

執着によって好きでいたいだけの場合もあるのですが、私の直感が『好きであることを妨げてしまう思考があるだけ』と思っている対象があります。

その『好き』は小さいかもしれない、触れば溶けそうな雪の結晶みたいに。
でも雪の結晶は美しいから、小さくてもはかなくても、ちゃんとそれが『美しい』ことを確かめてみたいなと、今の私は思っています。

それができると信じられるのは、それをしたいと私が思っているから、なのかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

pixiv

プロフィール

天杉貴志

Author:天杉貴志
漫画家兼イラストレーター
お仕事・ご意見ご感想はこちらまで
pixiv
ホームページ

商業履歴(ざっくり)

・漫画(まどか☆まどかスピンオフかずみ☆マギカ作画・全5巻)
・ライトノベル挿絵
・TCGイラスト

CAUTION

当サイト内のバナー以外の全ての画像及び文章の無断複製・転載を禁じます

we don't accept to reproduce,reprint all of the text,graphics in this Page without permission.

検索フォーム

QRコード

QRコード