雑記

『いつかこの人のように上手くなりたい。』
前の自分はこうでした。

今は
『私はこの人の絵を見たときに覚える感動を、自分の絵に対しても感じよう。』
です。

自分でいっててどういうこっちゃ、なんだけど。
いつか上手くなる、じゃなくて、たった今巧い自分を感じるなんて、ね。

何が言いたいかというと
『いつか』がね、来なかったんだよ。

たぶんこの先も来ない気がする。

だから今したいと思ったことは『今する』。

具体的に言うと、『した』気分になる。
それを感じたときの感動を創造してみる。
そして、できることなら時間を取って実際にやってみる。
とっかかりでもなんでも。

何の意味があるのそんなこと、そんなことやっていたって現実に上手くなってないし
巧くならないかも知れないじゃん。
無駄無駄。
無駄なことすると、時間がなくなるよ?
ほら焦ろうよ、そして先延ばしにしようよ。

そんな声が聞こえてくる。

『焦ろうよ、そして先延ばしにしようよ。』?何だってそんな綱引きみたいなことを。
だけど、私はまさに綱引きをしていた。

皮肉だなあ、その声に耳を傾けていたら、今までの自分をおさらいすることになった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

pixiv

プロフィール

天杉貴志

Author:天杉貴志
漫画家兼イラストレーター
お仕事・ご意見ご感想はこちらまで

商業履歴(ざっくり)

・漫画(まどか☆まどかスピンオフかずみ☆マギカ作画・全5巻)
・ライトノベル挿絵
・TCGイラスト

CAUTION

当サイト内のバナー以外の全ての画像及び文章の無断複製・転載を禁じます

we don't accept to reproduce,reprint all of the text,graphics in this Page without permission.

検索フォーム

QRコード

QRコード