ラフイメージの話

ラフは結構大事とおもった。
線画でアドリブくわえるにしても、ラフで出てきたアイデアってかなり良いものだったりするから、必要に応じて最終原稿に盛り込んでいくと安心しながら作画できる。





最終的に良いものができるかどうか、ではなく『安心して作画できる』って言う点に重きを置いてます。

最終的に良いものが仕上がれば、心を犠牲にしてでも、と思いたいところなんですが。
そういうやり方は辛いし続けたくはないものなので、できるだけリラックスでいる方向を自分には推奨。

自分の体力と心の力に甘えない。それでいて自分を大事にし、甘やかす。褒めそやす。おだてる。
自分が自分の身方でいる。

自分の絵を批判する外側の目線というものを想定する。
そしてそれらに荷担することは、自分が自分に負担をかけ、あまつさえ自分が自分の敵になってしまいます。
それを選び続けることは本当に辛い。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

pixiv

プロフィール

天杉貴志

Author:天杉貴志
漫画家兼イラストレーター
お仕事・ご意見ご感想はこちらまで
pixiv
ホームページ

商業履歴(ざっくり)

・漫画(まどか☆まどかスピンオフかずみ☆マギカ作画・全5巻)
・ライトノベル挿絵
・TCGイラスト

CAUTION

当サイト内のバナー以外の全ての画像及び文章の無断複製・転載を禁じます

we don't accept to reproduce,reprint all of the text,graphics in this Page without permission.

検索フォーム

QRコード

QRコード